単刀直入に言うとヨドバシカメラは株主優待がありません。ビックカメラには株主優待があるのになんでヨドバシカメラにはないのか、当サイトでは詳しく書いていきますので参考にしてみてください。

株主優待券買取の利用方法

株式投資の魅力は、売買による値上がり益、株式会社の利益からの配当のほかに、株主優待制度があります。
株式会社にとって株主は出資者ですが、株式を頻繁に売ったり買ったりする、値上がり益追求型の株主は、株価の不安定な騰落を招きやすいため、安定して株式を持ち続けてくれる株主を確保することは大きなメリットがあります。
また、株式会社の経営については、会社法という法律で定められており、持っている株式の数に応じて株主は公平に扱わなければいけない、株主公平の原則というものがあります。
この決まりによって、議決権や配当については差別的な扱いはできませんが、株主優待制度はより柔軟なため、長期保有株主優待制度を設けて、株主でいる期間によって、優待を上積みする仕組みを導入している会社もあります。
株主優待には、自社製品であったり、JRや航空会社の場合は、割引券など、各社魅力を競っていますが、施設優待券やや金券などは、金券ショップなどで株主優待券買取を利用して、現金化ができることもあります。
株主は伊藤には、源泉徴収で所得税15%、復興所得税0.315%、住民税5%、合計20.315%の税金がかかっていますが、株主優待券買取に寄って現金かをしたとしても、株主優待には税金がかからないのも魅力の一つです。
なお、株主優待券は金券等の場合を除いて、利用可能な期限の定めがある場合が多く、株主優待券買取をするなら、十分な利用期間が残っていないと、買取価格が下がってしまいます。
自分で利用する予定がない場合は、利用可能期限の余裕があるうちに早めに現金化をするのがおすすめです。
株式の指標では、配当利回りといって、投資額と配当の利回りを計算することがありますが、株主優待も投資の指標に加えると、趣味と実益を兼ねることができます。